ネットスーパーの品物に密着!企業側の狙いとポリシー

ネット購入の際にありがちなこと

メリットが多いもののデメリットもある

ネットからの購入は、利用者にとっては、自宅や外出先などで、空いた時間にネットから簡単に注文でき、自宅まで届けてもらえるという大きなメリットがあります。
また、サイト運営側にも、店舗在庫を持たなくていい、人件費も削減できるというメリットがあり、双方に多大なメリットがある一方で、デメリットならぬクレームや問題が発生しているのも現状です。
それらの中には、届いたものが、傷んでいた、ネット上のチラシ写真と全然違うなどのものが多く挙がっています。
その理由は、メリットでもある、ネット上で判断、注文できるという点にも付随してきますが、店舗に行かない分、実際の商品やモノを自分で選択、確認できないところが、難点のようです。
生鮮食品を扱っているネットスーパーは尚更で、人によって感じ方も異なるため、クリアにするのはなかなか難しいようです。

野菜や肉などの生鮮食品の鮮度はわかる?

ネットスーパーは、店舗スーパーと変わらずたくさんの品が揃っています。
むしろ店舗スーパーは、場所によっては規模が小さく、ネットスーパーの方が商品在庫もたくさん持つことができるため、品揃えも多いことがありかえって店舗は活用せず、ネットスーパーのみ利用している方もいるようです。
そんな、品揃えもよく、自宅に居ながらゆっくりと買い物ができるネットスーパーですが、利用者が1番気になる点と言えばやはり「鮮度」です。
野菜や肉、魚介類などの、いわゆる生鮮食品と呼ばれるものに関しては、鮮度が気になります。
というのも、ネットスーパーの場合は大きさや色味などの確認ができないため、どうしてもグラムや産地を参考にするしかありません。
ネットスーパーによっては「収穫して○日以内」などを売りにしているところもありますので、その点も重視して色々なサイトを見て、その企業のポリシーを確認するのも1つの方法です。


シェア
TOPへ戻る